法テラス 民事 再審請求

法テラス本部の再審査委員会

今日は中野坂上の法テラス本部の民事の再審査請求についての再審査委員会。地方事務所の報酬決定や援助不開始決定などについての決定に対する異議申立(再審査)を審理する。異議申立は、依頼者(申込者)だけでなく受任者(弁護士)のケースもある。3人の弁護士・司法書士(法テラスの一応外部者,私のような人)が再審査委員だが、本部のスタッフ弁護士が一件記録を読んで、報告書を作り、それに基づいて議論し結論を出す。報告書には結論案が末尾に付いている。この案と違う結論になることも結構ある。
詳細は守秘義務で書けないが、今回は法テラスの弁護士報酬は仕事に見合わない不当に安いものが多いとさんざん意見を言った。
ただ、この議論の中で、法律扶助は立替ではなく給付が日本以外どこでもやられている、韓国でも。法改正が必要という意見や、現行の規定でももっと報酬等を増やせるのに、地方を回ってみると現状程度(ボランティア的)で良いという意見を持っている法テラス地方事務所(もっぱら弁護士)が多い、という話が出た。
法改正も必要として、法テラスの弁護士費用が安い問題は地方がより困っているはずなのに・・・・・複雑な気分。

PAGETOP