遺産分割調停の進行について

遺産分割調停の進行については、裁判所関係者と弁護士しか詳しくは知らない。

遺産分割調停は、

①相続人の範囲の確認(誰が相続人か)

②遺産の範囲の確定(何が遺産分割の対象か)

③遺産の評価

④各相続人の取得額の計算

⑤遺産の分割方法の決定

という段階を進む。生前に誰かが贈与を受けていたような特別受益の問題、生前に財産上の寄与をしていた相続人がいたときの寄与分の検討は、④で行う。

①の相続人の範囲の問題も実はやっかいだが、調停期日の際にはほとんど整理されている。遺言があったときは別になることもあるが。

②の遺産の範囲を確定させるので,相当期日を重ねることがある。②,③がはっきりしないと、特別受益、寄与分の話しには行かないのが調停の通常のやり方。しかし、当事者だけで無く、代理人弁護士でさえ、このことを知らない人がいる。

PAGETOP