破産今昔物語2

破産今昔物語2

今から20~30年前、サラ金から借金した人は、地獄が待ち受けていた。

ものすごい高金利で、(出資法ギリギリ)3社くらいから借りたら、確実にパンクした。町金、高利貸し、

ヤミ金以外は、何でもありの世界だった。家等に押し掛け、脅迫的言動。警察も民事不介入で対応せず。

弁護士だって(一部を除き)あまり力になれなかったのが実態だった。

私の活動も十分ではなかった。

そういうなか、自殺した人も少なくない。サラ金被害者から自殺未遂の話は、たくさん聞いた。

首を吊ろうと伊豆の山中をさまよった。縄を縛った枝が折れて死ねなかった。

屋上でウイスキーを沢山飲み、手首を切った。血がふりだした雨水と一緒に広がって行った。

でも死ねなかった。

感電死するつもりで風呂に入り電気コードを入れようとしたら、火事になって、死ねなかった。

PAGETOP