年金分割(合意不要な3号分割)

今日は、相続ではなく離婚の話をします。皆さんは離婚における年金分割のことをご存じですか。

年金分割なんて知らない方もいらっしゃるでしょう。言葉は知っていても離婚して例えば元夫が年金が支給されるときに年金が半分に分けられ、元夫、元妻それぞれの口座に振り込まれる,というイメージの方も結構多いでしょう。

しかし年金分割は、単純に支給される年金を半分に分けるものではなく、厚生年金を算定する基礎となっている保険料納付記録を分割するという制度です。イメージ的には,結婚している期間の、年金の基礎となる「積み立て的なものを」を分けるというものです。ですから、合意分割で合意割合が半分でも支給される年金が自動的に半分になるものではありません。

そして離婚にあたって合意分割の按分割合の合意ができないとき、家裁の調停や審判、離婚の裁判などで決めるということをご存じな方も増えています。また、合意分割の按分割合は合意で決めるので半分とは限らないはずなのですが、家裁の実務ではまず、半分と定められます。

と、これまで説明したのは「合意分割」という制度です。実は、最近合意が不要な3号分割という制度が着目されています。

3号分割とは、婚姻期間中に国民年金の第3号被保険者の期間がある夫または妻の請求により、婚姻相手の厚生年金(標準報酬月額と標準賞与額)を2分の1ずつに分割するという制度です。

第3号被保険者とは、20歳以上60歳未満で第2号被保険者(厚生年金の加入者)に扶養される配偶者です。「厚生年金に入っている会社員の夫に扶養される専業主婦の妻」というイメージです。

また、2008年4月1日以降の婚姻期間中に第3号被保険者であった期間がある、2008年5月1日以降に離婚(事実婚を解消)した、年金分割の請求期限を過ぎていない、という要件があります。

合意分割と違い、単純に離婚した夫または妻、という対象者ではなく、第3号被保険者が対象です。

対象期間は合意分割は婚姻期間ですが、3号分割は2007年4月1日以降の婚姻期間で第3号被保険者であった期間です。

合意分割は分割割合は2分の1とは限りませんが、3号分割は2分の1と決まっています。

そもそも合意分割は,合意または合意に変わる裁判所の判断が必要ですが、3号分割は合意が不要です。

年金分割は2007年4月1日から合意分割の制度が始まり、2008年5月1日から3号分割の制度が始まりました。年金分割の制度が始まったとき、3号分割はほとんど問題となりませんでした。なにしろ2007年4月1日以降の婚姻期間が対象なので制度開始時にはごく短期間しか対象ではなかったのです。それが制度ができて10年を超え、3号分割もよく使われるようになったのです。

ちなみに、合意分割の手続きをしても、3号分割ができる期間があるときは、その限度で3号分割が優先されます。

離婚したいけど離婚後の年金が不安だ。合意分割は合意ができないかもしれない。だから離婚はできないと悩んでいる方は3号分割ができないか検討してみる価値はあると思います。

PAGETOP